「シュウマイ」に関して本や論文を書く事になったら、どんなことを調べる?「危険」の一般的な解説なんかかな。もしくは、一個人の観点からくる見解だろうか。

雲を眺めて寝転ぶ犬と猫

「シュウマイ」に関して本や論文を書く事になったら、どんなことを調べる?「危険」の一般的な解説なんかかな。もしくは、一個人の観点からくる見解だろうか。

ページの先頭へ戻る

夢中で踊る弟とぬるいビール夢中で踊る弟とぬるいビール

一年の中で、雨の多い梅雨の時期が好きだ。
空気はじめじめするし、出かければ濡れてしまうけれど。
一つの理由として、幼いころに、雨の日に見たあじさいがきれいで、以来紫陽花が咲くのを楽しみに待っている。
九州長崎で付き合っていた、シーボルトとお瀧の紫陽を見ながらのデート秘話をご存じだろうか。
オランダ人に紛れ込んで日本へやってきた、医師のシーボルトが、紫陽花を見て「お瀧さんと同じくらい美しい花だ」と話した。
雨の日にけなげに咲く紫陽花を目にして何回も、お瀧さん、お瀧さんとつぶやいた。
それが訛って、あじさいはおた草と別の名を持つようになったらしい。

勢いで大声を出す家族と壊れた自動販売機
この一眼は、実は、ビーチで拾った。
当日、8月のちょうど真ん中で、ちょうど半ばで、いつもと比較して暑くてたくさん汗をかいた。
山下公園で彼女と大喧嘩してしまい、もう一緒にいたくないと言われてしまった。
それで夜、アパートからこの海まで二輪でやってきて、海沿いをじっと見ていた。
すると、少々砂をかぶったこの一眼レフに出会うことができたのだ。
拾って、試しに夜の様子を一枚撮影してみた。
この所有者より、上手にとれているかもしれないと思った。
彼女の笑った瞬間撮りたいとか、なかなかピント調節って丁度良くならないなーとか独り言を言っていた。
次の休み、どうにかして会う約束ができたら、恋人に自分が悪かったと謝るつもりだ。
元通りになったら、この一眼レフ、警察に届けるつもりだ。

陽気に叫ぶ彼女と突風陽気に叫ぶ彼女と突風

今日この頃、おなかのぶよぶよとした脂肪を頑張って減らそうと思い毎晩、筋トレを頑張っている。
2歳の娘を自分の体の上にのせて一から数えながら腹筋を行っていたら、小さな子供とのふれあいにもなって、子供も数字を記憶するし、俺の見苦しい脂肪も落ちるし、一粒で二度おいしいことだとばかり思っていたけれど、始めは、しっかりしがみつきながら笑っていた小さな娘もだれたのか、しなくなってしまった。

笑顔で熱弁する家族と俺
都内で昔から華やいでいる下町が、台東区の浅草。
その中で歴史のあるお寺が浅草寺。
ついここ最近、浅草寺へご参拝に行ってきた。
久しぶりに向かう台東区浅草寺。
一段と、自分で正しく確認し理解したのが、日本人以外のツーリストがたくさんいること。
世界中からツーリストが集まってくる浅草だけど、前より明らかに多い。
というのは、世界で一番の総合電波塔である、東京スカイツリーが建った影響もあると考えられる。
アジアからは、羽田のハブ化に伴い身近になったという事から、そして、ヨーロッパの方やアメリカからは、着物や和装小物に魅力を感じ来ている旅行客が多数だろう。
とにもかくにも、これから先も多くの外国人観光客が来ることを想像させられた。
この国の良さをみつけぜひ楽しんで心に残る印象を抱いてほしい。
一方の私は、仲見世通りを心行くまで散策することができた。
お土産に名物の人形焼と、雷おこしをたくさん購入して、着物や帯も観賞させてもらった。
宝蔵門を抜けると、立派な本堂が見えてくる。
こちらの瓦屋根は、さびにくい性質を持つチタンを使用して、改修工事を行ったという。
秘仏である観音様に日々の健康に感謝ししっかり手を合わせてきた。
今年の成果が、これから先成就しますように。

気どりながらダンスする兄さんと冷たい肉まん気どりながらダンスする兄さんと冷たい肉まん

夏にあったことを特にしていないが、友人たちと週末、コテージをかりて炭を使ってバーベキューを行う。
暑い時期の流れだけれど、まれに、息抜きになる。
男手が二人なので、めっちゃたくさん準備をしないといけない。
特に、火起こしが、女の人は苦手な人がたくさんなので、頑張らないと。
だが絶対にみんなでワインをがぶがぶ飲むその時は、焼酎を飲みすぎない様に気をつけよう。

どんよりした土曜の午後に椅子に座る
その日は、沖縄本土へ働きに向かった。
もちろんめちゃくちゃあつい!
ゆとりのあるカットソーの上に、ジャケット。
汗をかいてサウナ状態になりすぎて、上着の背広はぼろぼろに。
ホテルにに入って、ジャケットをボディーソープで綺麗にした。
次の日着るとジャケットはオレンジの香りがした。
上着が汚くなるのではないかと気になったけれど、それでも洗いたいと思っていた。

薄暗い月曜の午後に座ったままで薄暗い月曜の午後に座ったままで

新聞の記事に、日本女性の眉毛に関して、興味深い記事がまとめてあった。
真相を知ると、いきなり色っぽさも感じてくるので面白い。
一見すると、不気味にも感じる場合もあるが、この頃は、結婚している女性の印だという。
真相を知ると、いきなり色っぽさも感じてくるので不思議だ。

具合悪そうに大声を出す君とアスファルトの匂い
急激にインターネットが必需品になるとは、小学生だった私は全く分からなかった。
品物を売る業界はこれから厳しくなるのではないかと考える。
パソコンを活用し、できるだけ安い物をを発見することが可能だから。
競争が進んだところでここ最近で見かけるようになったのが、集客アップを目的にしたセミナーや情報商材だ。
最近、成功するための方法が売れるようにな時代で、何が何だかピンとこない。
手段と目的がごっちゃになってしてしまいそうだ。

笑顔で踊る母さんと暑い日差し笑顔で踊る母さんと暑い日差し

私の娘がマルモダンスにはまっている。
教えたわけではないけれど、3歳なのに一生懸命まねしている。
どこかでマルモのおきてのメロディが聞こえると、録画した映像を見たがって泣く。
保存したものをつけてあげるとエンドレスでずーっと休むことなく見続けている。
父親なので、テレビの映像を見ているより本を見たり、おもちゃなどで体を使って遊んだりしているほうが好ましいのだけれど、忙しい時はテレビなどにたよってしまう。
少しでも、いっしょに遊んであげたり、本を読んであげたりし続けたい。
大きくなったら必ず巣立っていくものだから、今だからこそ遊んでおくのも自分の為だ。

風の無い大安の夜明けは窓から
普段、EくんからのMAILの文章は、一体何が語りたいのかまったく分からない。
飲んでても素面でもよく分からない。
しかし、彼が会社で考えたという、商品と募金に関する文書を見た。
意味の通じる文を書いてる!と驚いた。

Copyright (c) 2015 雲を眺めて寝転ぶ犬と猫 All rights reserved.

●サイトメニュー