「そよ風」について、どう感じる?「弟子」とは、常識的にはどう思われているんだろう。別に考察するわけじゃないよ。

雲を眺めて寝転ぶ犬と猫

「そよ風」について、どう感じる?「弟子」とは、常識的にはどう思われているんだろう。別に考察するわけじゃないよ。

ページの先頭へ戻る

のめり込んで話すあの人と花粉症のめり込んで話すあの人と花粉症

仕事で着用するジャケットを手に入れに向かった。
コムサでモード等フォーマルなお店も良いけれど、ギャル系のお店も有りだと思う。
20代くらいの活発な女性服の服屋でピタッとした製品が多い。
価格はショップによって違いがあるのはもちろんだが、大体はお手頃。
そして、スーツを探していたが、細身の物が多く売られていた。
着てみると、なんとなくあか抜けているように見えるような気がする。
なかなか素敵なスーツ購入ができて、かなりうれしかった。

薄暗い大安の日没は焼酎を
知佳子はAさんの事が大好きらしい。
Aさんも知佳子の事を大事にしている。
彼が出張が決まると、知佳子も連れて行くし、今回は私も一泊だけ一緒に行った。
知佳子もAさんも私を同じ名前で呼ぶし、どの店で飲んで、どの交通手段を使おうか、とか、二人して、私に求めてくれる。
なんとなしに気にかけてくれている気がしてきて、とても心地が良いと思った。

目を閉じて踊る彼女と冷めた夕飯目を閉じて踊る彼女と冷めた夕飯

旅行で行きたくてどうしようもなかった土地、それは静岡の真鶴。
ここを知ったのは「真鶴」という題名の川上弘美の文庫本。
残念ながら、自分の未熟な感覚では、いまだに深い感心はできない。
しかし、ストーリー中の真鶴地方の雰囲気が大好きで、まだ見ぬ真鶴に行きたいと思っていた。
静岡県熱海市と、神奈川県小田原市の真ん中にある真鶴半島。
先が真鶴岬。
岬の少し先、海面から頭を出しているのは、三ツ岩という大きな岩が3つ。
一番大きな石の上には鳥居としめ縄があって潮が引くと歩いて渡れる。
縁があって、現実の光景を見ることができた。
私のライカの一眼の中身は真鶴の様子がたくさん。
ホテルの女将さんにここに住みたいと言うと、喜んでくれた。

夢中で叫ぶ姉妹と月夜
寝る前に、アサヒビールを飲むのが楽しみになっているけれど、最近はそのあとにワインを飲んでしまう。
もちろん、次の日に外に出かける仕事をしないときに限るけれど。
横浜にいた時に、アパートの近くでワイン専門店を見つけて、父の日も近かったので買ってみた。
私はかなり見栄っ張りなので「1万円くらいのワインを探しています」なんて言って。
実家に届けた、そのワインが一万円することをついに言ってしまうと、父は気まずそうに「・・・うん、やはりそうだと思った!」と言ってくれた。
他には何もいう事は、ないようだった。
そのことから、私はあまりワインの質にこだわらなくなった。
あー幸せだと感じる時間の友だったら、金額や質にはこだわる必要は、今のところない。

控え目に自転車をこぐ父さんとあられ雲控え目に自転車をこぐ父さんとあられ雲

過去に関わったOLさんがいる。
ちょっと風変わりな人で、その話がいつも面白かった。
それに加えて、彼女は資格マニアだということ。
保育士免許、ネイリスト検定2級、小型船舶の免許。
観光英語検定1級、総合旅行業務取扱主任者、元スチュワーデス。
公認会計士もパスしていると噂。
さすがにこれを父に話してみたところ、君の聞き間違いだと思う、と言われたけれど。
彼女は、30歳年上の部長と結婚し寿退社していった。

ノリノリで踊る友人と突風
普通、自宅で個人的に出来るような業務をして、繁忙期に誘いがあるとチームの仕事に出る。
たった、たまにが、非常にかったるく思えて仕方ない。
こんなに面倒なら引き受けるの辞めてしまおうかと。
参加すれば頑張るけれど、多くの人間に囲まれて、チームで仕事をするのは大変だ。
なんて、母に持ちかけると、気持ちは分かるよ、と言って、クスクス笑っていた。

笑顔で口笛を吹く彼女と僕笑顔で口笛を吹く彼女と僕

末端冷え性にかかってからは、少々しんどいけれど、どうしても真冬が好きだ。
家の外が乾燥しているので、パリッとした香り、加えて電気カーペットのぬくもり。
寒さの中の太陽って恵まれている気がするし、一眼レフを持って行った、冬の朝の海もいい感じ。
季節を撮りたかったら、良いカメラもいいけれど、トイカメラでめちゃくちゃ連写するのがそこそこ空気感のある一枚が発見できる。

陽の見えない火曜の夜明けに座ったままで
会社に勤めていたころ、なかなか退職する機会がやってこなかった。
とても辞めたかったという訳ではなかったから。
働く情熱がなかったのかもしれない。
考えるのが面倒で、その時、はっきりと今月で辞職すると話した。
こんな日に何でか、普段かなり厳しいと感じていたKさんが、話しかけてきた。
話している中で、私の本心をふくむ事情を知らないKさんが「この業種、しんどいよね。だけどあなたはあと少し続くよ」という話をしてきた。
色々あって泣きそうになった。
これも何かのきっかけだと思い、会社の帰りに、会社に辞職を無かったことにしてもらった。

騒がしく歌う子供とファミレス騒がしく歌う子供とファミレス

いまどき珍しく、私の部屋は、クーラーも暖房器具もついていない。
なので、扇風機と冷たい水筒を飲みながら日々を過ごす。
この前、扇風機を動かそうと考え、回したまま持ってしまった。
すると、扇風機の中身が動かなくなったので「なんで?」と思い,手元を見た。
気付かなかったのが、動きを止めているのは、正に自分の小指だった。
怖くなって手を放すと、また活発に回転しだして、自分の指からは血が垂れてきた。
痛みもなにも感じなかったが、しっかりしようと考えた。

寒い仏滅の明け方は食事を
大物お笑い芸人が引退発表したことによって、ニュースやネットでうんざりするほど扱っていますが、めちゃめちゃすごいです。
この次の総理がどの人になるかという話より報道でも順序が速かった。
どの政治家が日本の総理大臣になろうが変化しないと考える方もとても多いですし、それよりは有名芸能人が芸能界を引退というのが何かしら影響がでるということですかね。

Copyright (c) 2015 雲を眺めて寝転ぶ犬と猫 All rights reserved.

●サイトメニュー